平成19年月4月実施の栃木県議会議員選挙に立候補した際の選挙公約)

市民の声・住民の思いを県政に

   〜下野市・新しいまちづくりをご一緒に〜

新生なった下野市、希望に満ちたまちづくりは、旧3町(南河内町、石橋町、国分寺町)のもてる特長を活かしながら、市民の皆様とご一緒に新しい価値の「創造」を通じて実現します。

●平和で安心、安定した生活が営める新しいまちをつくる。
○地方分権をすすめ、市民自治を確立する。
○政治倫理を確立、透明性の高い県政を目指す。
○新市建設計画を着実に進める。
○文化や歴史を大切にし、伝統行事や地域のまつりを盛んにする。
○景観を保全、緑豊かな田園都市をつくる。

●いじめをなくし、教育を前へ出す。
○安心して産み、子育てができる体制を整える。
○子育て世代の経済的負担を軽くする。
○いじめをなくし、子ども達の将来に希望がもてる学校教育に改革する。
○発達に課題をもつ障害児の成長を保障する。
○生涯学習・生涯スポーツを拡充する。

●世代をこえて、誰もが仲良く生きる社会をつくる。
○高齢者の仲間づくりや地域医療体制を整える。
○10代の望まない妊娠、堕胎や性感染症から青少年を守り、強い心を育てる。
○障害者自立支援法の改正、施設利用者負担を低減する。
○女性が働きやすい職場、地域、家庭環境づくりにつとめる。

●特長ある地域農業と商工業を盛んにする。
○構造改善事業をすすめ、優良農地をつくる。
○地域の特長を活かした安心安全な農畜産物の生産環境を整える。
○融資制度の拡充など商工業者への経営を支援、消費の幅を拡げる。
○時代を先取りするものづくり企業や人材を育てる。
○若年層の雇用を拡大する。

●ムダをなくし、スリム化して行財政を改革する。
○事業計画の策定に県民参加をすすめる。
○情報を公開して、分かりやすい県政を実現する。
○出先機関の統廃合や施策の見直しを大胆に行う。
○情報化をすすめ、速くて便利な情報サービスを提供する。

約束4        教 育
    〜人と文化のまちづくりを目指す〜

確かな学力を身につけ学ぶ意欲を高めるために、学習教材の開発や特色ある授業、外部専門講師の活用など先進的な教育を進めます。

いじめを根絶し、不登校を減らして子どもにとって希望の持てる学校に改革します。

○小学校における学校給食の無償化に取り組みます。

特別支援学校の教育環境(教室不足や通学手段の確保等)を整え、また就職を目的とする「高等特別支援学校」の早期開校を目指します。

高校生の中途退学を抑制して、全ての高校生が充実した高校生活を送れる体制を整備します。

生涯学習や文化・スポーツ活動を充実させ、誰もが健康を保持して長寿を楽しめる社会を創ります。

○下野国分寺跡や下野薬師寺跡の整備をすすめて歴史と文化を大事にする地域づくりを進めます。
約束3      安心・安全
   〜食や生活環境の安定を図る〜

農産物のGAP(農業生産工程管理手法)やトレーサビリティ(農産物の生産履歴や畜産物の飼養管理情報の公開)の取り組みをすすめ、より安全性の高い農畜産物の提供体制をつくります。

HACCP(ハサップ)を取り入れた自主衛生管理等の取り組みをすすめ、より安全性の高い食品の供給体制をつくります。

通学路の歩道整備をすすめ、子ども達が安心して学校に通える環境つくりをすすめます。

小中学校や県立高校校舎の耐震補強をすすめ、安心して学べる教育環境をつくります。

ゲリラ豪雨等災害に強い生活環境をつくるために、危険個所の改良や河川の改修をすすめます。

信号機や交通標識の設置などの交通安全対策、盗みや振り込め詐欺などによる被害の防止対策を強化します。
 約束1    経済・雇用   
〜デフレから抜け出し、雇用を安定させる〜

《商工業》

中小企業の資金繰り対策に配慮し、技術力の向上や販路の開拓を支援して成長する中小企業を創り出します。

結城紬など地場産業の振興に力を入れ、農業の6次産業化や中心市街地への機能の集積を進めて、まちなかに賑わいを取り戻します。

産業の活性化に不可欠の道路などの社会資本整備に積極的に取り組みます。

地域の雇用を守り災害時の待機、除雪など地域の安全を守る建設産業を支援します。

若年者には個々の適性を踏まえた訓練から就職までを一貫して支援する取り組みを創ります。

《農業》

農地の集積をすすめ、地域農業の担い手を確保・育成して産業として持続可能な農業を確立します。

食の街道(かんぴょう街道)の設置など「食のブランド化」「食の産業化」に取り組みます。
 約束2     医療・福祉   
〜健康づくりと支えあいで豊かなまちをつくる

《医療》

医師数が偏在しています。医学部生への修学資金の援助やチーム医療をすすめて医師の負担を軽減します。

石橋病院など地域の中核的病院機関における施設・設備の更新を支援します。

救急医療用ヘリコプター「ドクターヘリ」(独協医大に配備)などで「救える命を一人でも多く救う」医療を進めます。

歯と口腔の健康づくりを進め、子どもの虫歯半減を目指します。

不妊治療支援をより一層充実します。

《福祉》

官公需の拡大で障害者就労施設における平均工賃倍増を目指します。

子ども救急医療体制を整備し「かかりつけ医」を定着させていきます。

じめや児童虐待への抜本的な対策を講じて、子どもの成長を保障する県きょうをつくります。

介護従事者の環境を改善し、安心して介護サービスが受けられる体制を整備します。

子育て休暇の定着化をすすめ、女性のための職業紹介や就業あっせんなど、女性の就業支援策を積極的に実施します。
約束7    地域主権改革
〜栃木県や下野市の自主性を強化する〜

《地域主権》

地方にできることは地方に、民間にできることは民間に。地域主権改革を進めます。地方自治体の自主性を強化し地方の自由度を高めて、地域のことは地域が決める。決めたことは実行する。その結果に対しても地域が責任を負う。という自立的な社会をつくります。

《自主財源の充実》

地方財源の充実、自主財源の確保に努めます。国の税制改正を視野において、法人税を含む税体系のあり方についても検討します。

《多極分散型の社会づくり》

県都や幾つかの都市にのみ政治や経済、文化等の機能が集中する一極集中型の地域づくりから、県内各地がバランスのとれた多極分散型の地域づくりを目指します。

土地利用上の規制の見直しをすすめて、希望すれば新たに農村地域にも住み続けることのできる定住化策を講じます。
この4年間の議員活動

若林かずおは県議会議員としてこの4年間、県政諸課題の解決を通じて県民生活の安定向上に微力を注いできました。

例えば、行財政改革(財政再建プログラム策定、公益法人改革、県行政機構見直し)や福祉(介護保険制度の運用改善、障害者就労施設への官公需の拡大、認知症対策、児童虐待対策)、教育(学力向上施策の推進、特別支援学校への通学手段確保、高校中途退学の抑制)、経済と雇用(景気対策が中心)、そして何より下野市のまちづくりなどです。

県議会では次の委員会等に属して政策形成にあたりました。

常任委員会  県政経営委員会・生活保健福祉委員会(副委員長)・農林環境委員会(現在は委員長)

特別委員会  予算委員会・健やかな子ども育成対策委員会・経済雇用対策委員会

検討会  県企業局等あり方検討会・県出資法人等あり方検討会・県行政機構調査検討会
   

栃木県議会議員

若林ずおの約束
平成23年4月栃木県議会議員選挙にあたり
選挙公約
TOPへ戻る
 約束5       環 境
  〜地球温暖化の防止に取り組む〜

県内の電機自動車関連産業への支援を積極化して、エコカーへの転換を促進します。

実用性の高い太陽光発電システムの普及拡大を図り、併せてバイオマス等の自然エネルギーの利活用を積極化します。

県産材を活用した住宅建築を促進し、環境にやさしい住環境を創ります。

下野市で発見された「トウサワトラノオ」等希少種の保全につとめ、全ての動植物が共に生きられる生物多様性を重視した自然環境の保全に努めます。

環境重視型産業の育成や森づくりを進めるなどで、CO2の排出抑制策を講じて地球温暖化対策に地域から取り組みます。

一般家庭や産業界からの廃棄物の排出抑制と適正な管理策を講じます。
約束6        行 革
〜ムダをなくし県民サービス最優先の県庁に作り直す

栃木県が出資して運営する公益法人の今後のあり方を、廃止、統合、自立、存続の4つに区分して徹底的に見直します。(県出資法人改革)

複雑多岐にわたる県行政の組織機構を簡素で効率的なものに変え、県民サービス最優先、時代を先取りする県民の県庁に作り直します。(行政機構改革)

危機的な水準にある本県財政状況を踏まえ、県職員の総人件費の抑制も含めて平成24年度までの期間で実行中のとちぎ未来開拓プログラム(財政再建プログラム)に取り組みます。(財政改革)

事業計画の策定に県民参加をすすめ、一方で情報を公開し、透明性を高めて、分かりやすい県政を実現します。

下野市の建設計画が着実にすすむように取り組みます。

県議会議員の政治倫理を確立します。
推せんのことば   
      栃木県知事  福田富一

発信力と集約力
 
政治も行政も、高度化・多様化する県民ニーズに適確に対応していくことは、至難の時代であります。
若林和雄先生には、長年の行政経験で培われた豊富な知識と冷静な判断力による、意見やアイディアなどの発信力とさまざまな意見をまとめあげる集約力に長けておられます。又、何事にも一生懸命努力される方でもあります。
 引き続き、県議会における政策立案の立役者として、地方分権改革や行財政改革の一層の推進が必要な県政経営におきまして、適確な助言をいただいて参りたいと思いますので、多くの皆様方の更なるお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

       市民の声・住民の思いを県政に
                   新時代のまちづくりをご一緒に

あいさつ

政  策

若林かずおの政治にかける姿勢は

   
公正   創造   対話

若林かずおの政治にかける思いは、

政治はまじめで懸命に生活される人々のお気持ち(声なき声)に応えなければならない。

行政は透明性を高くして公正と公平を基本としなければならない。

政治は自己責任が問われる競争時代にあって、本当に必要な人には福祉の心を差し向けなければならない。


 
若林かずおは、
   思いを新たにして
      県政にのぞみます。

議会活動

著 作 物

ギャラリー


後 援 会

TOPへ戻る
TOPへ戻る

若林かずお事務所
〒329-0413
下野市駅東2-8-6
TEL.0285-40-8060
FAX.0285-40-8078

TOPへ戻る