若林かずおの考え・主張・意見  政策へ戻る

                                                                                                    
お米あまりが止まらない=米需要は805万トンにまで減少

 農水省は2010年7月30日、2010年7月から2011年6月30日までの米の重要見通しを805万トンにすると発表しました。これは昨年11月に813万トンとした見通しを8万トン下方修正したものとなりました。
 2009年産米の販売は低調で、過剰生産や前年度産在庫の膨張、値下げになった小麦製品等の影響で、供給オーバーとなり、したがって買い手市場が続いてきた(日本農業新聞7月28日)とされている中、米の在庫は315万トン(2010年6月末)(民間215万トン・政府98〜99万トン)を超える水準2まで達したということです。米の在庫は2005年以降は260万トン前後で推移してきたようなので、今回は実に異常な事態ということができます。
 在庫が積みあがる一方で、米の重要は減るばかりです。遂に800万トン近辺にまで近づいてきたことになります。政府は米の適正な備蓄を100万トンとして、一定期間保管したのちに主食用A販売する回転方式をとっていますが、これもまた限界に近付いてきたということになるでしょう。
 こうなると米価の行先も不安定にならざるを得ない。すでに農水省発表の出荷団体と米卸の6月の取引価格は、昨年9月より7%安の60kgで1万4120円だそうで、これはざっとみて1000円下がったことになります。こうなると、2009年産米の過剰在庫を抱える産地では困ったことになる。「事態を放置すれば米価は底なしで下がりかねない」(加藤紘一自民党農林部会最高顧問)状況にあるということです。
 一方では鳴り物入りでスタートした「米戸別所得補償モデル事業」で直接補償金を当て込んだ値引き交渉も行われているという話も飛び込んでくる昨今、事態は混とんとしてきました。米離れの進行が止まらない一方で、「天下の愚策」(丹羽宇一郎駐中国大使)と言われてしまった米戸別所得補償モデル事業、何より農業の行方。しっかりと考えていかねばならないと心しています。(2010年7月29日)


政策へ戻る